ビオメディの成分を徹底的に解析してみる

ビオメディ,成分

 

肌の常在菌ケアを目的としたスキンケアであるビオメディエッセンスミルクリーム。

 

乾燥肌た敏感肌の方でも使えるという事で人気のスキンケアです。

 

そんなビオメディの成分について、何か危険な成分があるのか気になったりしますよね?

 

そこで今回はビオメディにはどんな成分が使われているのか?危険な成分はないのか?

 

という事について見ていきたいと思います。

 

 

 

敏感肌や乾燥肌に良くない成分

ビオメディ,成分

 

敏感肌の方や乾燥肌の方が市販のスキンケアを使うと肌がピリピリするような感覚になる事ってあるのではないでしょうか?

 

その原因の一つに市販のスキンケアに含まれる刺激の強い成分が挙げられます。

 

例えば化粧品に広く使われているアルコールは、製品の防腐効果や安定性、肌につけた時の清涼感向上の為に入っています。

 

しかし、乾燥肌や敏感肌の方がアルコールをつけると、肌がピリピリするような感覚を覚える事があるんですね。

 

ビオメディ,成分

 

 

こういった事からも、乾燥肌、敏感肌の方は化粧品の成分により気を付ける必要があります。

 

 

そこでまずは乾燥肌や敏感肌の方が避けるべき成分を紹介していきたいと思います。


 

ハイドロキノン

メラニンの発生を抑える為、美白効果が期待されているハイドロキノンは、軽度の皮膚への刺激を起こす可能性があるとされています。

 

エタノール

防腐剤の役割として化粧水などに配合されているエタノール。
少量であれば特に問題はありませんが、ひどい敏感肌、乾燥肌の方には注意が必要です。

 

パラベン

防腐剤として化粧品にパラベンが配合されている事があります。
メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンなど様々な種類がありますが、特にブチルパラベンは刺激が強いので避けた方が良いでしょう。

 

紹介した、ハイドロキノン、エタノール、パラベン。

 

特にこれらの成分は、乾燥肌、敏感肌の方は避けた方が無難な成分と言えるでしょう。

 

それでは、ビオメディにこのような成分や注意するべき成分は入っているのでしょうか?

 

 

ビオメディの注意するべき成分2選

 

ビオメディには、パラベンやハイドロキノンは入っていませんが、実は少量のフェノキシエタノールが含まれています。

 

また、ビタミンC誘導体という成分についても一部の人は注意が必要です。

 

そのあたりの事を詳しくみていきたいと思います。

 

フェノキシエタノールについての真実

 

フェノキシエタノールは防腐剤の役割を果たしている成分です。

 

このフェノキシエタノールが入っているので、乾燥肌や敏感肌の方にビオメディは危険性があるのではないかと考える人もいるでしょう。

 

しかしご安心ください。

 

ビオメディに配合されているフェノキシエタノールは必要最低限の量しか含まれていません。

 

成分表を見てもフェノキシエタノールは一番後ろに書かれています。

 

 

化粧品の成分表示は入っている量が多い順番に書かれていますので、一番後ろという事は、入っている量が物凄く少ないという事がわかります。


 

 

また、同じく防腐剤としてメジャーなパラベンに比べると、フェノキシエタノールの方が安全性が高いとされています。

 

また、フェノキシエタノールを完全に排除してしまうと、その他の刺激の強い防腐剤を入れる必要が出てきてしまいます。

 

つまり、ビオメディに入っているフェノキシエタノールは化粧品の品質を維持する為に理想的な配合量という事が言えます。

 

 

ビタミンC誘導体の真実

ビオメディ,成分

 

ビオメディの成分の中で注目すべき成分に「ビタミンC誘導体」が挙げられます。

 

ビタミンC誘導体は、ニキビ、シミ、シワ、毛穴、美白なと様々な方面に効果が高い美容成分とされています。

 

大半の方に安全な成分である事は間違いないのですが、極めて稀にビタミンC誘導体が肌に合わないという方がいます。

 

万が一過去に美白化粧品やビタミンC系でトラブルがあった方は、ビオメディを本格的に使用する前に、パッチテストをすると良いでしょう。

 

 

ビオメディの注意するべき成分まとめ

 

ビオメディで注意するべき成分としては

 

フェノキシエタノール

必要最低限の理想的な量が配合されているので時に問題なし

 

ビタミンC誘導体

稀に肌に合わない方がいる。
以前美白化粧品やビタミンC系でトラブルがあった方は注意

 

という事が言えます。

 

これらを総合して考えると、ビオメディは刺激的な成分が限界まで排除されていますので、乾燥肌の方や敏感肌の方も安心して利用できるスキンケアという事がわかります。

 

 

ビオメディの嬉しい成分

 

ビオメディの成分に関して色々と解説してきましたが、ビオメディにはもちろん肌に嬉しい成分が沢山含まれています。

 

これらの成分についても見ていきたいと思います。

 

LG100が一番の決め手

ビオメディ,成分

 

ビオメディに入っている成分で一番特徴的なのが、LG100という成分です。

 

LG100は皮膚のもともと存在している常在菌を助けてあげる成分です。

 

私たちの肌には本来、外部からの刺激や乾燥から守るバリア機能が備わっています。

 

そのバリア機能を支えているのが、「皮膚常在菌」です。

 

皮膚常在菌のバランスが崩れていると、バリア機能が上手く働かなくなり、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

 

そこで、LG100を補給して、皮膚の常在菌バランスを整えてあげる事が大事なんですね。

 

ビオメディはこのLG100と常在菌の力によって、肌が本来持っている自然の力を引き出す事を目的としているんですね。

 

 

コラーゲン・ヒアルロン酸

化粧品の成分で最もよく耳にする機会があるのがコラーゲンやヒアルロン酸ですね。

 

この成分はどちらもともと肌に存在している成分です。

 

ただし、年齢とともに減少しコラーゲンやヒアルロン酸を失うと、肌のたるみやシワの原因となってしまいます。

 

ビオメディにはこのコラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分もしっかりと入っています。

 

 

プラセンタ

プラセンタには生き物を育てるのに必要な栄養が沢山詰まっています。
つよ
アミノ酸、ビタミン、ミネラルといった成分がら、核酸というめずらしい成分も含まれています。

 

プラセンタだけでも多くの成分が入っていますので、とても効率のよいエイジングケア成分と言えるでしょう。

 

 

フラーレン

フラーレンに非常につよい抗酸化力があると言われています。

 

肌から活性酸素を排除することによって、老化から肌を守ることができるんですね。

 

 

ビオメディの嬉しい成分まとめ

 

ビオメディの嬉しい成分をまとめると

 

  • LG100
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • フラーレン

 

など保湿や乾燥対策だけでなく、美容やエイジングケアを求める女性に嬉しい成分が沢山入っている事がわかります。

 

ビオメディ,成分

 

 

 

関連記事
>>>ビオメディの効果の口コミや効果|みんなの使用感を要チェック