化粧水をつけたらピリピリする!対策方法は?

化粧水,ピリピリ

 

例えば新しい化粧水を買って早速使ってみようとしたら、肌がピリピリとしみてしまうという事はないでしょうか?

 

もしかしたら普段お気に入りの化粧水がいきなりピリピリとしみるようになったりする事もあるかもしれませんね。

 

肌がピリピリすると違和感を覚えると思いますがこれは一体なぜなんでしょうか?

 

化粧水,ピリピリ

 

化粧水,ピリピリ

 

実はそのピリピリする化粧水は肌に合わないという可能性があります。

 

ずっと使い続けていると、肌のトラブルになる原因もありますのでピリピリしないスキンケアにするようにしましょう。

 

 

この記事では化粧水でピリピリする原因とどうしたらピリピリしなくなるのか?という事を見ていきたいと思います。


 

 

 

なんで化粧水をつけると肌がピリピリするの?

 

まずは化粧水を肌につけるとピリピリする理由から見ていきたいと思います。

 

肌に合わない成分が入っている。

 

化粧水には様々な成分が入っていますが、その中には肌に合わない成分がある場合があります。

 

どんな成分が肌に合わないのかは人によって違いますが、アレルギーを起こしやすい成分や、刺激の強い成分には注意した方が良いでしょう。

 

ピリピリした化粧水の成分を見て、以下の成分が入っている場合はアレルギーの可能性を疑ってただちに使用を中止しましょう。

 

  • アレルギーを起こしやすい成分
  • パラベン
  • エタノール
  • 食物由来の成分(小麦や大豆など)
  • キク科の原料(タンポポ、コハコベ、アルニカ、ローマカミツレ、バレンギク、クマリンなど)

 

 

また、以下の成分は刺激が強いものなので、特に敏感肌の方や乾燥肌の方は注意した方が良いでしょう。

 

以下の成分が入っている場合も、肌がピリピリするのであれば使用を注意しましょう。

 

  • パラベン
  • アルコール
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • シリコン
  • サルフェート

 

今回紹介した成分はアレルギーになりやすかったり、刺激の強い成分になりますので、普段の化粧水選びでも意識して避けると良いでしょう。

 

 

肌のバリア機能が低下している

 

化粧水をつけて肌がピリピリする事の原因としても一つ可能性があるのが、肌のバリア機能が低下している事です。

 

私たちの肌には本来、肌を守る為にバリア機能という物が存在しています。

 

例えば地面が乾燥すると表面がひび割れてしまうような感じで、乾燥してしまった肌はデリケートな状態になっており、バリア機能が低下してしまっているんですね。

 

化粧水,ピリピリ

 

健康な状態の肌であれば、刺激が強い成分を肌の表面でバリアする事ができるんですが、バリア機能が壊れている肌ですとそうはいきません。

 

肌のバリア機能の低下には以下の原因が考えられます。

 

  • 洗顔のしすぎによる乾燥
  • やりすぎたスキンケアによる乾燥
  • ストレスや食生活

 

先ほども刺激の強い成分について説明しましたが、何も化粧水だけではなく洗顔料にも刺激の強い成分が使われている場合があります。

 

特に市販の洗顔料は洗浄力が強すぎるものがあり、本当は肌に必要な皮脂までも落としてしまう事があるので、それが乾燥の原因になったりするんですね。

 

低刺激の洗顔料を見分ける簡単な方法としては、一般的に歯磨き粉のようなチューブに入っているものより石鹸タイプの方が肌に優しい傾向にあります。

 

汚れを落とすには界面活性剤の力が必要になってきますが、チューブに入っているものは刺激の強い石油系界面活性剤が使われている一方、石鹸のタイプの物は刺激のマイルドの植物性の界面活性剤が使われているんですね。

 

こういった事からも化粧水をつけると肌がピリピリするような乾燥肌、敏感肌の方は、チューブタイプに比べると刺激がマイルドな洗顔石鹸タイプのものを使うと良いです。

 

化粧水,ピリピリ

 

 

 

また、肌を保湿させようとスキンケアをやりすぎる事によってもバリア機能が乱れていく可能性があります。

 

私たちの肌はもともと自ら潤いをつくる機能が備わっています。

 

しかし最近は化粧水や美容液、乳液、クリームなど様々なスキンケア用品が販売されています。

 

これらは一時的には潤いをもたらしてくれますが、肌が自ら潤いを保つ力がさぼってしまうデメリットもあるんですね。

 

自分で何もしないでも十分潤っているなら、自分で頑張る必要はないという風に勘違いしてしまうんです。

 

肌が本来頑張るべき保湿のお仕事をさぼらせない為にも、保湿はやりすぎないで最低限で終わわせるという事も重要です。

 

 

ホルモンバランスの変化

 

今まで全く平気だった化粧水が急にピリピリしてしまった場合は、ホルモンバランスの影響の可能性もあります。

 

女性は生理周期や人気によってホルモンのバランスが変化して、肌の状態も変化していきます。

 

それによって敏感肌ではなかった人も急に敏感肌になる事もあるんですね。

 

つまり今までは健康的な肌だったので刺激の強い成分を使っている化粧水でも特に何も感じなかった肌が、敏感肌へと変化してしまう事もあるんですね。

 

化粧水をつけると肌がピリピリする原因まとめ

 

ここまで化粧水をつけると肌がピリピリする原因について見てきました。

 

これらを簡単にまとめると以下のような事が考えられます。

 

  • 刺激の強い成分やアレルギー成分が化粧水に入っている
  • 洗顔のしすぎによる乾燥
  • 保湿のしすぎによるバリア機能の低下
  • ホルモンバランスによる体質の変化

 

こういった事から考えると、化粧水がピリピリするのは、刺激の強い化粧水を使っている事と、刺激の強いスキンケアによって肌が乾燥しているという事が問題という事がわかります。

 

そこで、必要になってくるのが、低刺激のスキンケアなんですね。

 

 

化粧水で肌がピリピリする方は低刺激のスキンケアがおすすめ。

 

市販の化粧水を使って肌がピリピリする方は、低刺激のスキンケアを使う事がおすすめです。

 

低刺激のスキンケアは先ほど説明した刺激のある成分であるアルコールやパラベン、石油系界面活性剤が入っていない物です。

 

無添加に注意
低刺激と似た言葉に「無添加」があります。
よく「化学薬品が無添加の植物由来成分だけの化粧水なので安心」という事も聞きますが、無添加だからと言って刺激がない訳ではありません。
天然成分でも刺激の強い成分はありますので、敏感肌の方や乾燥肌の方は「無添加」ではなく「低刺激」を選ぶようにしましょう。

 

また、スキンケアのアイテムを増やす事による肌の摩擦を増やす事も肌への刺激とつながります。

 

肌の表面を守っている角質層は0.02ミリしかないとてもデリケートなものになります。

 

洗顔だけでなく、化粧水や美容液、乳液を塗るときに強くこすりすぎたりするとそれだけでもダメージを受けてしまうんですね。

 

そこであえてスキンケアを1本にしてみると言うのもとても効果的です。

 

肌の摩擦の回数を極端に減らす事ができるので、肌への刺激がすくなくなり健康な肌を保てるようになります。

 

オールインワンのスキンケアというと保湿力が足りないのではないか?と心配される方もいますが、実はオールインワンでも、しっかりと良いスキンケアを選べば保湿は十分だったりします。

 

当サイトでも紹介しているビオメディはオールインワンですが、保湿力のたっぷりあるスキンケアになります。

 

ビオメディのメリットを挙げると以下のようなものが挙げられます。

 

  • パラベンやアルコールなどの刺激成分の入っていない低刺激処方
  • 常在菌ケアにより、肌が自ら潤う力を作り出す。
  • オールインワンなので、肌をこする回数を減らすことができる
  • プラセンタやコラーゲンなどの美容成分もたっぷり

 

もちろん低刺激処方なので使ってみたらピリピリするという事はないので、肌に優しいスキンケアになります。

 

化粧水,ピリピリ

 

口コミでも低刺激なので敏感肌の方でも使えると好評のスキンケアなんですね。

 

当サイトではビオメディの悪い口コミも良い口コミも紹介していますのでぜひご覧ください。