乾燥肌の原因は保湿のやりすぎ?

保湿,やりすぎ

 

カサついて潤いやハリのなくなってしまった乾燥肌に悩んでいる方も多いと思います。

 

 

特に乾燥しやすい季節や季節の変り目などは大変ですよね。


 

そしてどんなにスキンケアをしてもなかなか乾燥肌が改善されないという事も・・・

 

どんなにスキンケアをしてもなかなか乾燥肌が改善されないのだとしたら、その原因は保湿やりすぎにあるかもしれません。

 

今回の記事では

 

  • 乾燥肌の原因は実は保湿のやりすぎ
  • 本当に肌によいスキンケアとは何か?

 

この2つについて見ていきたいと思います。

 

 

なぜ乾燥肌の原因は実は保湿のやりすぎなの?

保湿,やりすぎ

 

肌の為を思って保湿をするのに、なぜやりすぎた保湿は乾燥肌になってしまうのでしょうか?

 

理由がいくつかありますので見ていきたいと思います。

 

沢山の種類のスキンケアを使う事で摩擦が増えすぎる

 

例えば化粧水を塗り込む時や美容液を塗り込む時は、手の平やコットンで肌に塗り込みますよね。

 

特に肌に浸透させたいと思い肌を強くたたいたりするように塗り込む方もいらっしゃします。

 

しかし、これらは実は肌への刺激でもあるんですね。

 

 

特に肌の表面にある角質層は0.02ミリ程度の厚さしかなく非常にデリケートです。


 

そんな部分に毎日のように化粧水、美容液、クリーム、乳液などを塗り込んで刺激を与えると肌への負担になる可能性があります。

 

こういった事からもスキンケアのアイテムを使いすぎて保湿をやりすぎてしまうと、肌への負担となり乾燥を招く原因になりかねないんですね。

 

 

肌がさぼってしまう

 

肌へ潤いを与えようとクリームや乳液を沢山塗り込む方もいらっしゃいます。

 

これらは一時的に肌にうるおいを閉じ込める事ができますが、長い目で見ると肌の乾燥の原因になっている場合があります。

 

肌は本来なにもしなくても自分自身で潤う力があるんです。

 

 

体にばい菌が入ったら自動的に退治してくれるように、肌が乾燥しそうになったら自動的に潤ってくれるんですね。


 

しかし毎日のように保湿クリームを塗ったりしていると肌は自分から何もしないでも潤いが保たれるので、「私、頑張れなくてもいいんじゃない?」というような感じで勘違いしてしまいます。

 

例えば筋肉を使わないと筋力がだんだん衰えていくように、保湿する力を使わないと、保湿する力が衰えていってしまうんですね。

 

このように保湿のやりすぎは肌が本来持っている潤いを与える力を奪ってしまうという事があります。

 

 

パックのやりすぎもNG

 

パックやマスクは肌にうるおいを与える為に出来るだけ長い時間使った方が良いと考える方もいます。

 

しかしこれは間違いで、必要以上にパックなどを使う事は肌へのダメージとなってしまいます。

 

パックやマスクには美容成分なんかも入っていたりしますので、長い間乗せておけば肌が綺麗になりそうですが、指定されている時間より多く使ってしまうと、乾燥したシートに美容成分が吸着されてしまったりします。

 

また、同時にシートが水分まで奪ってしまう可能性もあります。

 

こういった事からもパックやマスクのやりすぎも肌にとっては良くありません。

 

必ず商品に書いてある時間を守って使うようにしましょう。

 

また頻度も週に1日程度で問題ありません。

 

頻度が多すぎると、先ほども説明したように肌が自ら潤う力をだすことなくさぼってしまうようになりますので、注意が必要です。

 

化粧品に入っている刺激成分にも注意

 

実は市販で売られている化粧品などには肌への刺激になる成分が沢山含まれています。

 

代表的なものはパラベン、アルコール、石油系界面活性剤などです。

 

例えば市販の化粧品にはアルコールやエタノールが入っていますが、これは肌に塗ると程よい刺激があり肌へ浸透している感じが演出できるという事があります。

 

実際にアルコールが肌に浸透するような事はありませんので、本来であれば別に入ってなくても良い成分だったりするんですね。

 

しかもアルコールは揮発性(きはつせい)と水などに比べて非常に蒸発しやすいという特性があります。

 

消毒用のアルコールなどを塗るとすぐに蒸発してしまうのをご存知の方は多いと思います。

 

そしてアルコールが蒸発する際には水分も一緒に蒸発させてしまうので、それが肌への乾燥につながります。

 

特に沢山の種類のスキンケアを使っていると中にはアルコール濃度の濃い物があったりします。

 

こういった事からも保湿のやりすぎはおすすめできないんですね。

 

乾燥肌の原因が保湿のやりすぎである事のまとめ

 

こうやって見ていくと乾燥肌の原因が保湿のやりすぎである事がわかったかと思います。

 

  • いろいろなスキンケアを使うと肌への摩擦が増える
  • 保湿のしすぎによって肌が本来持っている潤い機能がさぼる
  • パックのやりすぎも乾燥肌の原因に
  • 市販の化粧品には刺激になる成分が含まれていたりする

 

そして乾燥肌の原因が保湿のやりすぎである事がわかりましたが、それでは一体どうすれば綺麗な肌を作るスキンケアができるのでしょうか?

 

 

本当に肌に良いスキンケアについても見ていきたいと思います。


 

保湿をしすぎない理想的なスキンケアとは

 

先ほども説明した通り、乾燥肌の原因はやりすぎた保湿によるものなので、適度な保湿を心がけると良いです。

 

たまに保湿のやりすぎが良くないなら一切スキンケアをしなければいいんじゃないのか?と考える方もいますが、全く保湿しないのも肌にはよくありません。

 

それこそ原始時代の生活をしていたのであれば、保湿などは考えなくてもよかったりしたかもしれませんが、私たち現代人の生活ではそうはいきません。

 

例えばどこに行ってもエアコンがついており、エアコンは乾燥の原因になりますので肌の水分を奪ってしまいます。

 

また、女性であれば毎日のようにメイクをしますので、化粧品に含まれている成分が肌への刺激になったり、メイク落としが肌の水分を奪ったりしてしまいます。

 

更に、社会人としての清潔感を保つ為に毎日洗顔をしますが、洗顔料も肌への刺激となっています。

 

こういった事からもやりすぎた保湿はよくありませんが、全く保湿しないのも良くありません。

 

必要なのは適度な保湿です。

 

 

それでは適度な保湿とは一体どんな保湿なのか?見ていきたいと思います。


 

保湿に使うアイテムを減らす。

 

先ほど化粧水、美容液、乳液、クリームなど様々なスキンケアを併用する事はかえって乾燥を招く恐れがあると説明しました。

 

そこで、保湿に使うアイテムを減らす事で肌が自ら潤う力を引き出す事ができます。

 

どれを減らしたらいいのか?と悩んだ方はまずは化粧水から減らしてみると良いでしょう。

 

先ほども説明した通り化粧水は肌への浸透感を出す為にアルコールを高配合しているものも多かったりしていますので、逆に肌が乾燥してしまう事もあります。

 

また、化粧水をつけると保湿されると信じている方もいますが、化粧水が肌に浸透して潤いを与えるという事はありません。

 

化粧水は成分のほとんどが「水」でできています。

 

 

水が肌に浸透しないのは皆さんご存知だと思います。手を洗っても顔を洗ってもお風呂に入っても肌は水をはじいていますよね?


 

こういった事からも化粧水は保湿に意味がないと言えるんです。

 

もし保湿のやりすぎが気になるのであれば、まずは化粧水からやめてみましょう。

 

 

また、いっそのことオールインワンのスキンケアに変えてしまうというのもおすすめです。


 

低刺激のスキンケアを意識する

 

先ほども説明した通り、特に市販の化粧品には肌への刺激になるパラベン、アルコール、石油系界面活性剤が入っていたりします。

 

これらは肌へ刺激を与えるだけでなく肌の水分を奪う恐れもある成分です。

 

保湿のやりすぎで肌が逆に乾燥していると感じる方は、これらの刺激の強いスキンケアを使っているおそれもあります。

 

つまりこういったスキンケアを一切使わないで低刺激のスキンケアに切り替えれば、肌の潤いを奪う事はありません。

 

低刺激のスキンケアというのは、例えば以下のような刺激になる成分を使っていないスキンケアの事です。

 

乾燥肌の原因になる刺激のある成分

  • アルコール
  • パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • シリコン
  • サルフェート など

 

これらの成分が入っていない化粧品のパッケージやホームページを見ると「低刺激」と記載されている事も多いので、低刺激と記載されたものを選んで購入すると良いでしょう。

 

 

ちなみに低刺激と似た言葉に「無添加」という言葉もありますがこちらは少し注意が必要です。


 

特に「化学成分無添加!天然成分のみを配合!」といったような化粧品が販売されており、一見すると安全なように思えます。

 

しかし、化学成分だから必ずしも肌に悪いという訳ではありまえんし、天然成分だから必ずしも肌に良いという訳ではありません。

 

実際に天然成分でも肌への刺激になる成分は存在します。

 

つまり科学成分だとか天然成分といった事にこだわるのではなく、「低刺激」の物を選ぶ方が肌のうるおいを保つ為には良いでしょう。

 

 

洗顔料を見直す

 

スキンケア用品や基礎化粧品だけでなく洗顔料を見直す事も潤いを保った肌を手に入れる為に大切です。

 

洗顔はそもそも汚れを落とす為にする訳ですが、汚れを落とすのは界面活性剤という成分です。

 

洗顔料に含まれる界面活性剤には主に植物系と石油系(合成)の2種類があります。

 

特徴としては植物系界面活性剤は洗い心地がマイルドで低刺激、石油系(合成)界面活性剤は刺激が強いという特徴があったりします。

 

そしてほとんどの場合、洗い心地がマイルドな植物系界面活性剤は洗顔石鹸に含まれており、刺激が強い石油系界面活性剤は洗顔フォームに含まれています。

 

ほとんどの場合と言ったのは世の中には数多くの洗顔料があるので全てがそうという訳ではないからですが、大体は洗顔フォームの方が洗顔石鹸より刺激が強い事が多いんです。

 

洗顔フォームはクリーム状になっていますが、その状態を安定させる為に多くの界面活性剤や添加物が使われています。

 

つまり肌に優しい低刺激の洗顔料を探すのであれば、洗顔フォームより洗顔石鹸を選んだほうが肌に優しいという事が言えるんですね。

 

理想的なスキンケアまとめ

 

保湿のしすぎない理想的なスキンケアをまとめると、以下の様な事が言えます。

 

  • 保湿に使うアイテムを減らす(化粧水から減らしてみる)
  • オールインワンでもOK
  • 低刺激のスキンケアを使う
  • 洗顔フォームではなく洗顔石鹸にしてみる

 

肌の為をと思って保湿をやりすぎて逆に乾燥してしまうのは全く意味がありませんよね。

 

これからは肌の為を思って適度な保湿をこころがけて健康的で美しい肌を手にいれましょう。