ビオメディを他のスキンケアと併用する時は・・・

ビオメディ,併用

 

ビオメディは常在菌スキンケアを目的とした人気のオールインワンです。

 

口コミでも

 

  • オールインワンは心配だったけど、しっかり潤った
  • 1本でスキンケアが終わるから楽ちん
  • 乾燥しやすい季節もビオメディだけで大丈夫

 

と1本だけでも十分に潤いを感じる事ができると評判です。

 

ただし肌の状態は人それぞれなので

 

  • オールインワン1本だけだとやはり不安
  • 美容液や乳液と併用して使いたい
  • 1本だけだと少し物足りない

 

と考えている方もいるのでは無いでしょうか?

 

そこで今回はビオメディを他のスキンケアと併用する際のポイントと注意点を紹介していきたいと思います。

 

 

まずは化粧水から減らしてみる

 

化粧水、美容液、乳液、クリームなどを利用している方が、ビオメディを新たにスキンケアに加えるのであれば、まずは化粧水を減らしてみるのがおすすめです。

 

理由としては市販の化粧水はアルコールを高配合している場合があるからです。

 

アルコールは肌に乗せるとスーーっと浸透していく感覚があるので、その感覚を与える為に市販の化粧品に入っていたりするんですね。

 

ビオメディ,併用

 

しかし、実際にアルコールが浸透していく訳ではなく、逆に肌を乾燥させる原因になっている場合もあります。

 

 

また、化粧水を使わずとも、洗顔だけでも十分に水分は補充されています。


 

なので化粧水を止めて、ビオメディ→美容液→乳液、クリームのような順番で併用していくと良いでしょう。

 

 

併用するスキンケアの成分には注意

 

ビオメディは常在菌のバランスを整える事を目的としています。

 

皮膚の常在菌はデリケートな存在なので、併用する製品のアルコールや防腐剤が強すぎると、ビオメディの効果を発揮されにくくなってしまうんですね。

 

 

ご存知の通りアルコールには殺菌作用があるので、肌に必要な善玉菌まで殺してしまう事があります。


 

そこで重要なのが、ビオメディと併用する乳液や美容液も低刺激の物を選ぶ事です。

 

 

ビオメディを他スキンケアと併用している人の口コミ

 

@コスメを見ると、ビオメディと様々なスキンケアと併用されている方がいました。

 

ビオメディとブースター美容液を併用しています。

 

私は混合肌でニキビが出やすい体質で悩んでいるんですが、ニキビや赤みも全く気にならなくなりました。

 

私は極度の敏感肌なので、ビオメディだけというのは少し抵抗がありました。

 

そこでビオメディは化粧水感覚で使っています。

ビオメディ→美容液→クリーム
といったような感じで使っています。

 

このように人それぞれ自分の好きなスキンケアと併用されています。

 

ぜひ自分の肌に最も合った組み合わせを見つけてみてくださいね。

 

 

洗顔やメイクもビオメディを使ってみるのも◎

 

ここまではスキンケアに関してを見ていきました。

 

しかし綺麗な肌を保つには、スキンケアやメイクもしっかりと考える必要があります。

 

ビオメディにはエッセンスモイストソープという洗顔石鹸や、プロテクティブファンデーションというファンデーションも用意されています。

 

これらもビオメディエッセンスミルクリームと同じように、低刺激な処方で作られていて、敏感肌、乾燥肌の方でも使えるようになっています。

 

エッセンスモイストソープはコメヌカを使った低刺激の洗顔石鹸です。

 

洗顔石鹸は洗顔フォームより肌に優しいという事でも知られています。

 

ビオメディ,併用

 

 

 

また、プロテクティブファンデーションにはエッセンスミルクリームと同じLG100という成分が配合されています。

 

これによりメイクをしながら常在菌ケアする事ができるので、メイクをしながら肌にうるおいを与える事ができるんですね。

 

ビオメディ,併用