バリア機能の低下はよくない事だらけ

バリア機能,低下

 

私たちの皮膚には肌を守るバリア機能という機能があります。

 

バリア機能が正常に働いている事によって、潤いのある綺麗な肌を保つ事ができます。

 

一方バリア機能が低下すると、健康にも美容にも良くない事が起こってしまいます。

 

今回は肌のバリア機能が低下する事によって起こるよくない事を、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

乾燥肌になってしまう

 

肌のバリア機能は皮膚の表面に膜を作って、水分の蒸発を防ぐ役割も持っています。

 

肌からの水分の蒸発を防ぐ事によって、潤いのある肌を保てているんですね。

 

しかし、バリア機能が低下してしまうと、水分を保つ機能が低下してしまいます。

 

すると、角質層に水分を保つ事ができなくなってしまい、乾燥肌になってしまうという事があります。

 

乾燥肌になってしまうと

 

  • しわが濃くなる(しかもどんどん増える)
  • 肌の弾力が失われる
  • シミが濃くなったり、大きくなったりする
  • 肌がかゆくなってしまう

 

といったように、美容にとっても良くありません。

 

 

乾燥肌が原因の敏感肌になる事も

 

感想した肌を放置しておくと、敏感肌になってしまうという事があります。

 

乾燥した肌というのは、イメージでいうと乾燥した地面のようなものです。

 

バリア機能,低下

 

乾燥した地面はひび割れており、表面だけでなく内部まで空気にさらされてしまっています。

 

肌も同じような事が起こっており、花粉や紫外線、摩擦などの刺激が肌の奥まで届くようになってしまいます。

 

 

なんだか想像しただけで痛そう・・・


 

そのような状態で化粧水などをつけると、化粧水に入っている刺激成分が肌の奥まで届いてしまい

 

化粧水をつけると肌がピリピリする

 

といったような事まで引き起こしてしまいます。

 

このように肌のバリア機能が低下すると、

 

バリア機能が低下する→乾燥肌になる→刺激に敏感な敏感肌になる

 

といったようなループまで繰り返してしまいます。

 

また敏感肌は様々な肌トラブルの原因にもなっています。

 

  • ニキビができやすくなってしまう。
  • ちょっと触れただけでも痛い

 

 

バリア機能の低下によっておこる事まとめ

 

バリア機能の低下によって、乾燥肌や敏感肌が引き起こされてしまいます。

 

そして、乾燥肌や敏感肌によって

 

  • しわが濃くなる(しかもどんどん増える)
  • 肌の弾力が失われる
  • シミが濃くなったり、大きくなったりする
  • 肌がかゆくなってしまう
  • ニキビができやすくなってしまう。
  • ちょっと触れただけでも痛い

 

と美容にとっても健康によっても良くない事が起こってしまいます。

 

 

バリア機能の低下って本当によくない事ばかり


 

 

肌のバリア機能は改善できる

 

しかし、肌のバリア機能はしっかりとケアする事によって改善する事も可能です。

 

肌のバリア機能が改善されるという事は、乾燥肌や敏感肌に悩む事がなくなり、潤いのあるキメの細かい肌を手に入れる事ができるという事です。

 

肌の弾力が復活し、シミやシワも目立たなくなっていく事から、見た目にもどんどん綺麗になっていく事ができます。

 

バリア機能が回復する事によって得られるメリット

  • 若々しく健康的な素肌に見える
  • 清潔感や透明感を出す事もできる
  • 赤ちゃんのように思わず触れてみたくなる肌になれる

 

このようにバリア機能を回復させる事によって、健康的な肌になれるだけでなく、外見も美しく、若々しく保つ事ができるんですね。

 

 

バリア機能を高めてみましょう。


 

 

肌のバリア機能を高める方法については以下の記事で解説しています。