アトピー肌にビオメディは使える?治る?

カサカサしてかゆいアトピー性皮膚炎に悩んでいたり、お子さんがアトピーの方も多いと思います。

 

スキンケアをしっかりしていても、汗をかく季節などは特にアトピーが出たりして困ってしまいますよね。

 

そんな中、ビオメディというスキンケア用品がアトピーに悩んでいる方に注目されています。

 

ビオメディ,アトピー

 

ビオメディは果たしてアトピーの悩みを解決する事ができるのでしょうか?

 

 

ビオメディはアトピーの悩みを解決できるのか?

 

実はアトピーで悩んでいる方の多くがビオメディを使用しています。

 

ビオメディ,アトピー

 

ビオメディ,アトピー

 

ビオメディ,アトピー

 

いったいなぜこんなにアトピーで悩んでいる方にビオメディは人気なのでしょうか?

 

アトピーと皮膚常在菌について

 

厚生労働省によるとアトピーの原因の一つに皮膚のバリア機能の低下があげられるようです。

 

ビオメディ,アトピー

出典:厚生労働省

 

皮膚には本来、肌の保湿をしたり、異物が皮膚に侵入するのを防ぐバリア機能があります。

 

アトピーをお持ちの方はこのバリア機能が正常に働いていない可能性が高いのです。

 

バリア機能がくずれている原因は「増えすぎた黄色ブドウ球菌」や「肌の常在菌バランスの乱れ」が考えられます。

 

黄色ブドウ球菌とは

ビオメディ,アトピー

黄色ブドウ球菌は、アトピーの肌に多く存在している事が判明しており、肌の環境を悪化させる原因の菌ではないかと言われています。
アルカリ性の肌を好んでいますので、黄色ブドウ球菌を増やしすぎない為にも、肌を弱酸性にする事が大切です。

 

ビオメディは皮膚常在菌のバランスを整える事を目的としたスキンケアになります

 

つまり増えすぎた黄色ブドウ球菌を減らす事ができるという事です。

 

増えすぎた黄色ブドウ球菌を減らすという事は、バリア機能が正常に働いた綺麗な肌を手に入れられるという事なんですね。

 

よって、肌のバリア機能を回復し、肌を綺麗な状態に保つ事ができるんですね。

 

 

敏感肌でも使える低刺激

 

アトピー肌に強い刺激を与える事は厳禁です。

 

しかし市販のスキンケア用品などには、強い刺激を与える成分が入っています。

 

市販の化粧水を肌に塗った事にピリピリするような刺激を感じた事はないでしょうか?

 

あの刺激はアルコールなどの刺激のある成分によって引き起こされているんですね。

 

そして、ビオメディはそんな刺激のある成分が入っていないんですね。

 

ビオメディのフリー成分(入っていない成分)
  • パラベン(防腐剤)
  • アルコール
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • シリコン
  • サルフェート

 

このように低刺激なスキンケアを実現しているので、刺激が気になるアトピー肌の方も安心してビオメディを使う事ができるんです。

 

オールインワンがよい

 

ご存知の通りビオメディはオールインワンのスキンケアです。

 

オールインワンのスキンケアが好きな方もいればあまり好きではない方もいるかと思います。

 

しかしアトピーで悩んでいる方は、オールインワンのメリットを活かす事ができるんですね。

 

化粧水や乳液、美容液など何回も肌に塗りこむように刺激すると、その刺激によって肌が荒れてしまう場合もあります。

 

オールインワンは肌をこする回数が極端に減りますので、肌への刺激を最低限に抑える事ができるんです。

 

過剰な刺激はアトピーを悪化させる恐れがありますので、オールインワンでのシンプルケアにしてみましょう。

 

まとめ

 

  • 肌のバリア機能を整えるアプローチ
  • 刺激のある成分が入っていない
  • オールインワン

 

この3つの理由から、ビオメディはアトピーで悩んでいる方に最適なスキンケアという事が言えるんですね。

 

 

 

アトピーの予防

 

アトピーになりやすい人はアトピーの予防も非常に重要です。

 

アトピーの原因は様々ありますが、以下のような予防はぜひ心がけてください。

 

  • 清潔な環境を整える。
  • 洗顔料やボディーソープも低刺激なものを使う。
  • 強く洗いすぎない。
  • 保湿対策をしっかりする。

 

この中でも特に4の保湿対策にはビオメディが活躍します。

 

アトピーと強い関係がある皮膚のバリア機能ですが、生まれつき皮膚のバリア機能が弱いという方が存在するようです。

 

特にそのような方は、保湿対策をしっかりする事が綺麗な肌を保つ為に重要です。

 

  • 日頃から保湿をしっかりしているとアトピーの発症確率が減る(引用元
  • 保湿剤を塗ると、アトピーの原因であると言われる黄色ブドウ球菌が減る(引用元
  • 生後1週間程度の赤ちゃんにも保湿対策をする事で、アトピーの発症が減る(引用元

 

という研究結果が実際にでています。

 

実はビオメディは肌の保湿対策としてもうれしい成分が沢山入っているんですね。

 

ビオメディ,アトピー

 

コラーゲン
ビオメディに含まれるコラーゲンは、肌の表面のうるおいを保つ保湿成分です。
湿度が下がった状態でも、水分をしっかりとキープしてくれます。

 

ヒアルロン酸
コラーゲンと同じように、肌の表面のうるおいを保つ保湿成分です。
ヒアルロン酸1gに対して6リットルもの水分を保持できると言われているようです。

 

エラスチン
肌のうるおい以外にも、エイジングかやアンチエイジングにも重要な成分だと言われています。
美肌をキープする為に非常に重要な成分です。

 

このように、ビオメディは肌の常在菌バランスを整えるだけでなく、美容や保湿にこだわっている方にも良い成分が入っている事がわかります。

 

なので、日頃のスキンケアにも是非ビオメディを取り入れてみましょう。

 

 

 

エッセンスモイストソープ(石鹸)に関して

 

ビオメディはエッセンスミルクリームというスキンケアが有名ですが、エッセンスモイストソープという洗顔料も用意されています。

 

ビオメディ,アトピー

 

こちらも低刺激をコンセプトに敏感肌の方でも使える洗顔料になっています。

 

もしビオメディミルクリームで満足したら洗顔料もビオメディに変えてみても良いでしょう。

 

アトピーの原因や悪化させる要因の一つに刺激の強すぎる洗顔料、ボディーソープなどが挙げられます。

 

もし現在市販の刺激の強いものを使われているのであれば、低刺激のビオメディエッセンスモイストソープに変えてみるといいでしょう。