ビオメディの口コミや効果に関して

ビオメディ,口コミ

 

肌の常在菌に着目した、敏感肌や乾燥肌の人の合うオールインワンののスキンケア「ビオメディエッセンスミルクリーム」

 

特に乾燥やニキビ、アトピーで悩んでいる人に口コミでも人気です。

 

しかしそんなビオメディをGoogleで検索すると「合わない」という言葉も出てきたりもします。

 

ビオメディ,口コミ

 

もちろんどんな人にも合うスキンケアはないのですが・・・

 

ビオメディが合わない人ってどんな人なんでしょうか?

 

 

当サイトではビオメディの口コミや効果、どんな人がビオメディを使うべきなのか?といった事を紹介していきたいと思います。


 

 

 

ビオメディが合わなかったという口コミ

 

まずビオメディは口コミやSNSで見ても基本的に良い口コミが多いです。

 

 

しかし、買い物をするときはやっぱり悪い口コミも気になりますよね


 

そこで、ビオメディが「合わなかった」とする悪い口コミもありましたので、紹介したいと思います。

 

 

ビオメディの悪い口コミ1

口コミで効果が高かったので2週間ほど使用しましたが、乾燥肌が完全によくなるという感じはしませんでした。

 

ビオメディだけですと十分な保湿でできなかったので、保湿クリームと併用しています。

 

このように、ビオメディだけだと保湿がしっかりできないという口コミがありました。

 

ビオメディは皮膚常在菌のバランスを整えて、肌自信の力を引き出す事を目的としていますので、効果を実感するまでに時間がかかる場合があるようです。

 

乾燥が気になる場合でも、まずは1ヵ月ほどビオメディだけでスキンケアをしてみて、それでも気になるようなら他のスキンケアを足してみるのも良いでしょう。

 

 

ただ、基本的にはビオメディだけ保湿は十分という声が圧倒的多数です。


 

 

ビオメディの悪い口コミ2

小鼻周りは脂性肌でテカるのに、フェイスラインなどは乾燥でカサカサが気になる混合肌です。

 

ビオメディは脂性肌の部分にはあまり合わないようで、乾燥が気になる所に部分的に使用しています。

 

このように、ビオメディ乾燥の悩みは消してくれるけど、脂性肌には合わないという声もありました。

 

小鼻などはオイリーな感じで、フェイスラインの乾燥に悩んでいる混合肌の方は多くいます。

 

そういった場合は乾燥部分だけビオメディを使うというケアが良いでしょう。

 

ちなみに、脂性肌の原因は過剰なスキンケアの場合もあります。(遺伝的なものや年齢的なものなど原因は様々です。)

 

もし、脂性肌の部分に化粧水、美容液、保湿クリームなどなど3〜4種類以上のケアをしているのであれば、スキンケアをやりすぎている可能性もあります。

 

その場合オールインワンのビオメディに変える事で良くなる可能性もかなり高いので、しばらく試してみて様子を見てみるのも良いでしょう。

 

  • 乾燥が気になる
  • スキンケアをやりすぎているかもしれない
  • 刺激に弱い方

 

 

そんな方にビオメディはおすすめできるスキンケアなんですね。


 

 

 

次に、ビオメディの良い口コミも見ていきましょう。

 

ビオメディの良い口コミ

 

オールインワンというとジェルタイプの物が多いですが、ビオメディはミルクタイプですね。

 

ジェルタイプの物は肌に蓋をし過ぎるとも聞いたことがあるので、珍しいミルクタイプはうれしいです。

 

実際につけてみると、もっちり感が続き肌の調子が良くなりました。

 

今まで様々なスキンケアを試していましたが、正直今はもうビオメディだけで十分です。

 

購入するスキンケア用品も減ったので、お財布にも優しいです。

 

定期購入に切り替えようと思います。

 

乾燥肌なのにニキビにも悩んでいる気難しい肌でした。

 

しかし、ビオメディを使い始めたら悩みは一切なくなりました。

 

ビオメディを教えてくれた友達に感謝です。

 

口コミが良かったので試しに購入しましたが、かなりよかったです。

 

残業で帰りが遅くなった時もワンプッシュで済むので助かっています。

 

肌もぷるぷるとしています。

 

また、Twitterなどでもビオメディはかなり注目されています。

 

ビオメディ,口コミ

 

ビオメディ,口コミ

 

口コミから見てもビオメディはこんな方に特におすすめができるスキンケアになっています。

 

  • 肌のかゆみがある方
  • 刺激に弱い方
  • 肌がすぐに赤くなってしまう型
  • 乾燥がひどい方
  • 毛穴づまりに悩んでいる方
  • 肌がごわつくと感じている方
  • 肌荒れに悩んでいる方

 

 

現在のスキンケアではあまり満足できないですとか、ちょっと別の物を使いたいという方で、上の条件にひとつでも当てはまる方はぜひビオメディを試してみましょう。


 

 

 

口コミで高評価の秘密|成分がすごかった

 

口コミでも好意的な意見の多かったビオメディですが、なぜこんなに好評なのでしょうか?

 

ビオメディの好評の理由は、成分に特徴がありました。

 

一番の決め手はLG100

ビオメディ,口コミ

 

ビオメディエッセンスミルクリームが他のオールインワンスキンケアと違う所は、LG100という成分が入っている所です。

 

LG100は皮膚にもともといる常在菌を助ける成分になっています。

 

肌には本来、刺激や乾燥から身をまもるバリア機能がついています。

 

しかし、このバリア機能は様々な要因で低下していってしまいます。

 

  • 加齢
  • やりすぎたスキンケア
  • 食生活の乱れ

 

このような要因で肌の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうんですね。

 

そこで、ビオメディにも入っているLG100が必要なんです。

 

LG100は皮膚の常在菌のバランスを整えてくれる成分になっています。

 

皮膚の常在菌のバランスを整える事で、体が本来持っているバリア機能が元に戻るんです。

 

その証拠にビオメディビオメディエッセンスミルクリームの口コミには以下のような物がありました。

 

普通のオールインワンゲルのように、肌にバリアをして保湿しているというよりかは、肌が自分で保湿を頑張ってくれているような感じがする。

 

ビオメディは体に本来備わっている保湿の力に着目しているので、このような口コミが出てくるんですね。

 

 

ビオメディのエイジングケア成分

ビオメディ,口コミ

 

LG100で肌本来の保湿を高めた後に嬉しいが、お肌が喜ぶ美容液成分です。

 

  • 植物プラセンタ
  • フラーレン
  • 浸透持続ビタミンC
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン

 

といった成分が配合されています。

 

これらの成分は皮膚常在菌の状態が健康になった肌には、より良い影響をもたらしてくれるんですね。

 

このようにビオメディは

 

  • 肌のバリアを守る事
  • 美容成分の補充

 

この2つを1本で出来てしまうスキンケア用品なんです。

 

 

フリー成分が嬉しい

ビオメディ,口コミ

 

LG100、植物プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸など肌に嬉しい成分が世の中には沢山あります。

 

しかし、スキンケア用品の中には、コスト削減などの問題から肌にあまりよくない成分が入ってしまっているものがあります。

 

 

特に敏感肌、乾燥肌の方は肌に刺激を与える成分が入っていない物を選ぶ事が重要です。


 

そして、ビオメディはこういった肌に刺激を与える成分が限界まで排除されています。

 

ビオメディに入っていない成分(フリー成分)も見ていきたいと思います。

 

  • パラベン(防腐剤)
  • アルコール
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • シリコン
  • サルフェート

 

このように、肌に刺激を与えてしまう可能性のある成分がしっかりと排除されています。

 

これらの刺激の強い成分はやはり乾燥肌や敏感肌の方には合わない事があります。

 

これらを排除しているという事は、乾燥肌、敏感肌の方にも優しいスキンケアができるという事になります。

 

 

こういった事からもビオメディは肌が弱い方、乾燥肌、敏感肌の方におすすめができるスキンケアなんですね。


 

ビオメディの成分まとめ

 

ビオメディの成分は

  • LG100の力で自分が本来持っている肌の力を高める
  • 健康な肌に美容成分を与える
  • 刺激の強い成分を使わないから安心

 

と、乾燥肌、敏感肌の方にとてもうれしい成分になっている事がわかります。

 

公式サイトよりビオメディの全成分を転載いたしますので是非ご覧くださいね。

 

水、グリセリン、トリエチルヘキサノイン、BG、ぺンチレンクグリコール、スクワラン、α-グルカンオリゴサッカリド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ト ウモロコシエキス、フラーレン、ヨーグルト液(牛乳)、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル (C12-13)グリセリル、ヒアルロン酸 PG、加水分解エラスチン、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、アカヤジオウ根エキス、ブクリョウタケエキス、モモ 果実エキス、ボタンエキス、カンゾウ根エキス、ハトムギ種子エキス、ダイズ種子エキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ステアリン酸、バチルアルコール、ステアリン酸ポリグリセリル -10、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジぺンタエリスリチル、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、カルボマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レシチン、PVP、水酸化K、キサンタンガム、ぺンテト酸5Na、フェノキシエタノール

ビオメディ公式サイトより引用

 

 

 

ビオメディエッセンスミルクリームの使い方

 

ここからはビオメディの使い方に関しても解説していきます。

 

基本的にビオメディはオールインワンなので、化粧水、乳液、美容液、クリームの役割を1本で果たす事ができます。

 

ビオメディ,口コミ

 

洗顔後に1プッシュを手に取り、両手になじませてから円を描くように顔に広げます。

 

力を入れすぎないように、優しくなでる事がポイントです。

 

ビオメディ,口コミ

 

ちなみに、ビオメディの使い始めや季節の変わり目にはよりしっかり保湿したかったりします。

 

そんな時は、少し時間をおいてもう1プッシュ使うと非常に効果的です。

 

 

これだけで大丈夫?と思ってしまう程簡単なんですが、これがやはりオールインワンの魅力ですね。


 

仕事や育児、家事など多忙な女性でも、手軽にスキンケアができるという所が、ビオメディが口コミでも人気のポイントなんです。

 

 

ビオメディの使い方に関するアドバイス

 

上記で説明したのはあくまでも公式サイトからの使い方になります。

 

インターネット上で口コミを見ていくと、自分の肌の状態に合わせて使い方を変えている人もいました。

 

中には、1回の使用量は0.5プッシュでも十分という方もいました。

 

自分の肌の調子に合わせて使う量や頻度を変えてみましょう。

 

 

あなたのスキンケアはやりすぎてない??

 

肌に栄養を沢山与えたいと、沢山の化粧水、美容液、乳液、クリームでのスキンケアをされる方がいます。

 

もちろん個人差はあるのですが、様々な化粧品を組み合わせしすぎると、肌が覆われてしまうんです。

 

それにより、逆に老廃物が排出されなくなってしまいます。

 

更に、やりすぎたスキンケアによって、肌本来のバリア機能が失われてしまう可能性もあります。

 

もし乾燥肌、敏感肌、ニキビなどの肌トラブルに悩まれているのであれば、やりすぎスキンケアを見直す必要があるかもしれません。

 

 

ビオメディはオールインワンなので、やりすぎスキンケアの対策にもなるんですね。


 

 

アトピー肌の私!ビオメディを使っても大丈夫?

 

ビオメディの口コミを見ていくと、アトピー肌の方でもビオメディを愛用しているという方がいらっしゃいました。

 

ビオメディはアトピー肌の方が使用しても大丈夫なのでしょうか?

 

結論からいうと、ビオメディはアトピー肌の方が使っても問題ありません。

 

ビオメディには、石油系界面活性剤や合成香料など肌に刺激を与える物質は入っていません。

 

アトピーに関して肌への刺激は禁物ですので、低刺激なビオメディはアトピー肌でも安心して使う事ができます。

 

しかし、症状が重すぎる場合は医師による診察を受けた方が良いでしょう。

 

 

アトピーの原因と対策

 

アトピーの原因としては様々な原因があります。

 

その原因の一つとしては、「増えすぎた黄色ブドウ球菌」や「肌の常在菌バランスの乱れ」、つまり肌のバリア機能の低下によるものです。

 

ビオメディ,口コミ

出典:厚生労働省

 

更に、肌のバリア機能の低下は(乾燥皮膚)は、アトピーだけでなく他のアレルギー疾患につながる可能性もあるようです。

 

ビオメディ,口コミ

出典:厚生労働省

 

つまり、肌のバリア機能を正常にすることはアトピーの予防にも効果的です。

 

先ほども説明しましたが、ビオメディはLG100の力によって肌のバリア機能を正常に保つ働きがあります。

 

こういった事からも、肌トラブルに悩んでいる方にとってビオメディはおすすめできるスキンケアという事がわかります。

 

 

アトピーで悩んでいた方の口コミ

 

ビオメディ,口コミ

 

ビオメディ,口コミ

 

このように口コミを見てみても、アトピーで悩んでいた方からビオメディは支持されているという事がわかります。

 

 

 

ニキビ肌にビオメディは使って大丈夫?

 

ビオメディの口コミの中には、「ニキビに出会わなくなった」「ニキビで悩まなくなった」といったような口コミも見られます。

 

そんなビオメディはニキビが出来ている肌に使用してもいいのでしょうか?

 

結論から言うと、ビオメディは低刺激のスキンケアなので、軽度のニキビでしたら使う事も可能です。

 

しかし、気になる方はニキビ部分は医師から商法された薬、ニキビ以外の部分にはビオメディのスキンケアという形で使い分けている方もいらっしゃいます。

 

ニキビの状態によってケア方法は様々ですので、すでにできてしまったニキビに関して医師に相談するのが確実です。

 

 

ニキビの原因と対策

 

ニキビの原因には、食生活の乱れやストレスなど様々な原因があるとされています。

 

その中の一つに皮膚常在菌である「アクネ菌」や「マラセチア菌」があります。

 

ビオメディ,口コミ

 

アクネ菌やマラセチア菌は空気が苦手なので、人間の毛穴の中で暮らしています。

 

普段は無外な存在ですが、分泌される皮脂の量が多くなり毛穴をふさいでしまうと、アクネ菌やマラセチア菌が毛穴から逃げ場を失いひらすら増殖してしまいます。

 

ビオメディ,口コミ

 

これらが炎症の原因となってニキビができてしまいます。

 

そんな時に約に立つのが表皮ブドウ球菌という善玉菌です。

 

常在菌バランスの取れた肌には、元気な表皮ブドウ球菌が沢山存在しています。

 

ビオメディ,口コミ

 

表皮ブドウ球菌は古い角質や皮脂を餌にしています。

 

古い角質や余計な皮脂を食べてくれれば、毛穴が詰まりにくくなり、ニキビも出来にくくなるんです。

 

こういった事からもビオメディで皮膚の常在菌バランスを保つ事は、綺麗な肌を保つ為に重要なことがわかります。

 

 

ニキビで悩んでいた方の口コミ

 

ビオメディ,口コミ

 

ビオメディ,口コミ

 

このように口コミを見てみても、ニキビで悩んでいた方からビオメディは支持されているという事がわかります。

 

 

 

ビオメディはどこで買える?取り扱い店舗は?

 

ここからは、ビオメディエッセンスミルクリームの取り扱い店舗をお伝えしたいと思います。

 

まず、ビオメディは実店舗での取り扱いはありません

 

新宿高島屋などに期間限定で出店している事はありますが、直近では2018年の12月11日で終了しています。

 

ビオメディ,口コミ

 

なので、ビオメディを購入する場合は、公式サイトなどの通販サイトで購入すると良いでしょう。

 

ちなみに、Amazonや楽天、Yahooショッピングそして公式サイトでの価格は以下の通りです。

 

\最安値/
ビオメディ

ビオメディ,口コミ

公式サイト

 

通常購入

価格 3,996円

送料 580円

総額 4,576円

 

\おすすめ/

定期購入

価格 2,997円

送料 無料

総額 2,997円

※こちらは定期購入ですが、いつでも解約可能です。1本だけ試したいという方でも、簡単に解約できます。

 

\2位/
ビオメディ

ビオメディ,口コミ

Amazon

 

通常購入

価格 4,550円

送料 無料

総額 4,550円

 

定期購入

価格 4,322円

送料 無料

総額 4,322円

 

\3位/
ビオメディ

ビオメディ,口コミ

楽天

 

通常購入

価格 5,076円

送料 無料

総額 5,076円

 

 

 

ビオメディを最安値で購入する方法

 

ビオメディをもっとお得に購入するのであれば公式サイトから定期コースで購入するのが最もおすすめです。

 

定期購入であれば、初回はかなりお得に購入する事ができますし、送料も無料となっています。

 

初回 2,997円(税込)
2回目以降 3,596円(税込)

 

定期購入というと、「最低〇回購入が条件です」という継続条件がつく事がよくあります。

 

しかし、ビオメディの定期購入はいつでも解約可能です。

 

ビオメディを定期購入で何回か試してみて、2回目発送の6日前までにビオメディに連絡する事ですぐに解約・休止が可能です。

 

 

また、解約時にしつこい引き止めなどもありませんので安心です。


 

 

 

ファンデーションや石鹸(エッセンスモイストソープ)に関して

 

ビオメディはエッセンスミルクリームというスキンケア用品が一番有名ですが、公式サイトを見てみると他にも商品が用意されています。

 

プロテクティブファンデーションと、エッセンスモイストソープについても詳しくみていきたいと思います。

 

もし今敏感肌や乾燥肌に悩んでいる方は、スキンケア用品だけなく洗顔フォームやファンデーションが原因になっている場合もあります。

 

洗顔・保湿・ファンデなどを見直す事によって、より潤いのあるぷるんとした肌を手に入れる事ができるんですね。

 

プロテクティブファンデーション

ビオメディ,口コミ

 

ビオメディのプロテクティブファンデーションは

 

  • ひとぬりでシミやシワをしっかりカバー
  • 汗や水で落ちにくい
  • 花粉やPM2.5などの粉塵から肌を守る
  • 紫外線もしっかりとガード

 

と肌が弱い人に嬉しいファンデーションになっています。

 

また、ビオメディミルクリームと同じLG100が配合されていますので化粧しながら、美肌ケアもできるという優れものです。

 

ビオメディ,口コミ

 

そして肌のダメージになりがちなクレンジングの事もしっかりと考えらえれています。

 

実は刺激の強いメイク落としを使っていると、肌の保湿成分であるセラミドが奪われてしまいます。

 

セラミドを奪いすぎないように、クレンジングは最低限で済ませる必要があります。

 

ビオメディプロテクティブファンデーションは、石鹸洗顔だけで落とす事ができますので、皮脂の落としすぎや、肌のこすりすぎといった肌トラブルの原因を避ける事ができます。

 

つまり、ファンデーションだけで外出できるような日はビオメディのプロテクティブファンデーションを使えば、肌にダメージを与える事なく、メイク〜クレンジングまでする事ができるんですね。

 

ビオメディのプロテクティブファンデーションの口コミは以下のような感じになっています。

 

悪い口コミ

 

  • パウダータイプがあると嬉しい
  • 他の色があると嬉しい
  • 他のファンデに比べるとカバー力が弱い

 

良い口コミ

 

  • しっかりと伸びるので使いやすい
  • 定期購入すると価格がリーズナブル
  • つけ心地が軽い
  • 保湿力がある
  • ちょっとしたお出かけにいい
  • 肌の疲れが少ない気がする
  • 肌トラブルが一切でない

 

 

このようにビオメディのプロテクティブファンデーションの口コミを見ていくと、保湿力や肌に優しいファンデーションであるという口コミが目立ちました。

 

一方で通常のファンデーションに比べるとカバー力が弱いという意見もありました。

 

肌の乾燥が気になる時などの応急処置や、ちょっとしたお出かけなどに使いやすいファンデーションという事がわかります。

 

プロテクティブファンデーションは、公式サイトからの定期購入でお得に購入する事ができます。

 

初回 3,159円(税込)
2回目以降 3,791円(税込)

 

こちらの定期コースもビオメディミルクリームと同じように、回数縛りなどはなく解約することができます。

 

 

エッセンスモイストソープ

ビオメディ,口コミ

 

ビオメディのエッセンスモイストソープは

 

汚れをしっかり落としつつ、うるおいを守る事ができる洗顔石鹸です。

 

原材料にこだわったコメヌカ石鹸が主な原料になっており、低刺激で肌をすべすべにしてくれる石鹸になっています。

 

コメヌカは昔から日本では石鹸の代わりに使われてきました。

 

そしてコメヌカは善玉菌にとって非常に居心地がよいベッドのような存在になっていますので、ビオメディミルクリームとエッセンスモイストソープは相性のよい組み合わせという事が言えます。

 

そしてこちらの石鹸もミルクリームと同じように、パラベンやアルコール、石油系界面活性剤など肌の刺激になるような成分は入っていません。

 

 

市販の洗顔フォームと比べると、各段に低刺激で洗顔をする事ができますので、乾燥肌や敏感肌で悩まれている方にはとてもおすすめです。


 

そして、洗浄力もしっかりしていますので、ビオメディプロテクティブファンデーションでされば、このエッセンスモイストソープだけで洗顔とクレンジングを行う事ができるんですね。

 

ビオメディのエッセンスモイストソープの口コミは以下のような感じになっています。

 

悪い口コミ
  • 泡立ちがもっと良くなると嬉しい

 

良い口コミ
  • 1ヵ月使用したら肌の状態が落ち着いてきた
  • 優しくてハーブのようないい香りがする
  • つっぱり感もなく、サッパリとしてつるんとした洗い心地
  • 肌トラブルが全く出なくなった
  • 毛穴が目立たなくなった
  • 肌のキメが細かくなったような気がする
  • もこもことした泡立ちが気持ちいい

 

ビオメディのエッセンスモイストソープに関しては、良い口コミが非常に目立ちました。

 

悪い口コミの中には、「泡立ちがあまりよくない」という口コミもありましたが、反対の「泡立ちがしっかりしている」という口コミもあったので、主観の問題なのではないかと思います。

 

いくらスキンケアにこだわっていても、洗顔料が乾燥してしまうようなものだとスキンケアの意味も半減してしまいます。

 

 

ぜひ洗顔とスキンケア両方に気を使って、うるおいのある肌を目指しましょう。


 

エッセンスモイストソープは、公式サイトからの定期購入でお得に購入する事ができます。

 

初回 1,512円(税込)
2回目以降 1,728円(税込)

 

こちらの定期コースもビオメディミルクリームと同じように、回数縛りなどはなく解約することができます。

 

 

 

おまけコンテンツ

 

おまけ1|敏感肌のタイプと対策

 

敏感肌の方のスキンケアには、ビオメディのような低刺激のスキンケアを使う事が重要です。

 

もちろんスキンケアは重要なのですが、スキンケアだけでは不十分な場合もあります。

 

無理なダイエットや、乱れた食生活、ストレスなどによっても肌の環境は変化してしまいます。

 

そして、敏感肌には大きくわけて3つのタイプがあります。

 

  • 乾燥が原因の敏感肌
  • ホルモンバランスが原因の敏感肌
  • アレルギーが原因の敏感肌

 

このどれか一つが原因だったり、複数が原因だったりしますが、スキンケアやライフスタイルを見直す事で改善ができるでしょう。

 

そこで、タイプ別の敏感肌の特徴と対策を見ていきましょう。

 

乾燥が原因の敏感肌

 

乾燥が原因の敏感肌は、乾燥により肌をバリアする機能が低下、それにより外部の刺激に弱くなってしまうタイプです。

 

敏感肌で悩んでいる方の中では一番よくいるタイプと言われています。

 

これか紹介する項目の中で、3〜4個以上該当するという方は注意した方がよいでしょう。

 

  • ピーリングやスクラブ剤のタイプの洗顔フォームを使っている
  • 保湿ケアをしすぎている(目安としてはローション、美容液、クリームなど3つ以上)
  • コットンを使ってローションを塗布する
  • 化粧を落とす時は、オイルタイプかウォータータイプを使う
  • ウォータープルーフやSPF値が高い日焼け止めを使っている
  • ふき取りタイプの化粧水を使っている
  • スキンケアには毎日10分はかかってしまう
  • 一日2回以上洗顔フォームで洗顔をする
  • 化粧品を塗布すると、顔が染みる事がある
  • よくマッサージをする

 

上記が3〜4個以上該当する方で、自分は敏感肌だと感じている場合は、肌のバリア機能が低下している可能性が高いです。

 

対策としては、肌のバリア機能を保つようなスキンケアが必須です。

 

  • 洗浄力の強すぎないミルクタイプのクレンジングを使用する
  • 洗顔フォームでの洗顔は夜に1回だけにする
  • 落としやすいファンデーションは下地に変えて、簡単にクレンジングできるようにする
  • スキンケアに使うアイテムを減らす(肌がこすれる回数も自然に減るので更によい)
  • ピーリングやスクラブ剤での洗顔を控える
  • マッサージの回数を減らす
  • アルコールが入っている化粧品は使わない

 

ビオメディでのケア以外にもこういった事を考える事によって、敏感肌や乾燥肌を予防することが可能です。

 

 

ホルモンバランスが原因の乾燥肌

 

人の肌はホルモンバランスによっても調子が変わります。

 

  • フェイスラインによくニキビができる
  • 生理前は肌の調子が悪い
  • 生理の周期が不規則
  • 仕事が忙しくなってくると肌が荒れてしまう
  • 過剰なダイエットをしている
  • 最近ストレスが溜まっている
  • 冷え性
  • 最近あまり運動をしていない
  • 睡眠時間を十分に取れていない
  • 特に暑い訳ではないので、急に汗をかく
  • 急にイライラする事がよくある
  • 食生活が乱れている

 

こちらも3〜4つ以上当てはまっている方は、ホルモンバランスが乱れやすくなっている可能性が考えられます。

 

しっかりとスキンケアをする事は大前提ですが、ライフスタイルもしっかりと見直すとより良いでしょう。

 

  • ストレス発散の手段を持つ
  • 十分な睡眠をとる
  • 野菜中心のバランスの良い食生活をする
  • 冷たすぎる飲み物は避ける
  • 適度な運動をする
  • 体を冷やさないように心がける
  • リラックスをする

 

アレルギーが原因の敏感肌

 

アレルギーが原因の敏感肌の方は、化粧品などの含まれる何かしらの物質によって肌に影響を及ぼす可能性があります。

 

アトピー持ちだったり、金属アレルギー、食品アレルギーなどを持っている方は、体質的にアレルギーが出やすい可能性があります。

 

皮膚科を受信し、血液検査でどんなアレルギーを持っているのか知っておくとよいでしょう。

 

例えば、加水分解小麦タンパクという成分や卵黄レシチンという成分は小麦アレルギー、卵アレルギーの方は避けるべきでしょう。

 

加水分解小麦タンパク、卵黄レシチンはビオメディには入っていません。

 

 

おまけ2|皮膚常在菌を紹介

 

目で見る事はできませんが、人の肌の上には1兆個以上の常在菌が住んでいると言われています。

 

代表的な4種類の皮膚常在菌を紹介したいと思います。

 

アクネ菌

ビオメディ,口コミ

アクネ菌と聞くとニキビの原因になる菌だと思い浮かべる方も多いと思います。

 

しかしアクネ菌は通常肌を弱酸性に保ってくれる必要不可欠な存在なのです。

 

アクネ菌は絶対的に悪いという訳でなく、増えすぎるとニキビの原因になるだけです。

 

一方的にアクネ菌を減らすのではなく、バランスを保つことが重要です。

 

マラセチア菌

ビオメディ,口コミ

マラセチア菌はカビの1種になります。

 

ニキビやアトピーの原因になると言われている菌で、皮脂が大好きです。

 

油分が多すぎるとマラセチア菌が繁殖してしまいますので注意が必要です。

 

黄色ブドウ球菌

ビオメディ,口コミ

黄色ブドウ球菌は、アトピーの肌に多く存在している事が判明しており、肌の環境を悪化させる原因の菌ではないかと言われています。

 

アルカリ性の肌を好んでいますので、黄色ブドウ球菌を増やしすぎない為にも、肌を弱酸性にする事が大切です。

 

表皮ブドウ球菌

ビオメディ,口コミ

表皮ブドウ球菌は、善玉菌の1種です。

 

皮脂の幕を作ってくれるので、肌を刺激や乾燥から守ってくれます。

 

表皮ブドウ球菌は肌に良い事を沢山してくれる存在です。

 

  • バリア機能を高める
  • 肌が自ら潤う力を作り出す
  • エイジングケアにも良い
  • 肌のターンオーバーを正常に保つ
  • ニキビの原因を予防する

 

常在菌の環境をしっかりと整え、表皮ブドウ球菌などの善玉菌が住みやすい状態の肌にする事によって

 

肌が健康になりバリア機能が高まるだけでなく、エイジングケアやターンオーバーが正常になるので、美容にも良いことがあるんですね。